2018年07月24日

存在。


ここ数日、月の色と存在感ものすごいな、、。
何かおきているんだね、それかおきるのかな、、
輝きという光なのか。 
濃密に在る姿、圧倒的です。
それでいて、時々永遠の微笑みのような受動を魅せるから、、
もう降伏します。
憧れるといえば、あなた。
私はあなたのようにありたい。

月は太陽を、
太陽は月を。
いつも感じて、想って、焦がれて、
信じるということばが溶けてしまうほど、あたりまえに永遠だ。

2つは1つ。
愛を知りたかったときからずっと、
これから先もね。



クビャールは光をさすことば。
光は一瞬で、永遠で、
星も昨日で、今日で、明日で。
光は時間をこえるものなのかもな。

私が感じたことも過去なのか現在なのか未来なのかもわからなくなっていく。
本当に、
わからなくなってきたんだ。

感じるという味わうとう、
流れるという、
ただ生、性。
そこに、
ここに、
神を感じる。

あなたを感じている。
わたしを感じている。


信じるをこえて、
1つ。


P_20180708_144253.jpg





posted by ちづこ at 20:44| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。