2016年01月15日

オンナノヒト

人は年を重ねる。
肉体と魂、人間の生と死。

私は体を使うことを生業としているし、
この肉体と魂の神秘にますます魅了されていく日々である。

バリの踊りに出会い、踊りの型を繰り返し学び探求していると、
やはり根源的なオンナノヒトとかオトコノヒトとか、
それ以前に人間、植物、生命体への感覚的興味や親しみが深くなっていく。
私の場合はあくまで感覚的だが。

そして人間である私は、人間そのものが大きなテーマ。
そのなかでも『オンナノヒト』というのは泉のように興味のつきない
私を揺り動かす大きなテーマなのである。
どこか客観的にオンナノヒトに対して憧れがあり日々感動させられる。
そしてこの憧れはなんとバリの女性舞踊を学んでいくうちに芽生えたのだ!

伝統芸能の型は、じっくりと時間をかけて心と魂に語りかけ、
何か根源的なものを呼び起こすのだ。
深く学ぶほど自分が見た目はオンナノヒトであるのに、またまだオンナノヒトじゃない!と感じる。
が同時にオンナノヒトが呼び覚まされる感じもするのである。
そして自分の中にある男性性も。

平行して私の女性としての人生は着実に進んでいく。
毎日たくさんのオンナノヒトの今に出会う。
なんという神秘的で魅力的なオンナノヒト探求の日々であろう。

実年齢はしっかり大人のわたし(笑)が、
まるで子供が大人のオンナノヒトを、ワクワクうっとり、わぉ !な感じで観察している。
「ホンモノのオンナノヒトになりたい」
と強く思いながら。
ホンモノってなんなんだ…
とことんひとりで感じる、共に感じる、たくさん想う。
生きることを味わって、ホンモノ追求は永遠に続く。


🎶
4月16日(土)はオンナノヒトだけ三人でのコンサート。
「play 〜遊び〜」@東中野・ろまらくだ
いつもご一緒している櫻田素子さん、朗読家の宝木美穂さんと。
お二人とも愛情の深いとっても素敵なオンナノヒト。
そんな二人にたくさん影響をうけて、いいコンサートにしたい。
また詳細は追って。

image1.JPG
写真は三人の打ち合わせ@代々木のカンボジヤレストラン



posted by ちづこ at 20:53| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。