2018年04月08日

「夏の前」


「夏の前」


夏の前

夏の前

誰かがそう言った

夏の前

重なる声は確かな響きで胸に留まった

中心の意識へみちびかれるプロセスがなければ、
生命の意味に途方に暮れ
目覚めることを拒んでいた

掌はいつも目の前に
光となって差し伸べられている
ユニークなかたち・いろ・ことばとなって

夏の前
夏の前

ユニークなおしゃべり

春の朝に

sui sui sui sui
rainbow soul

sui sui sui sui
rainbow soul


P_20170529_185052.jpg


posted by ちづこ at 01:24| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拒絶という祝福

体も心も強く拒む反応があることには、何かある。
その人の命の意味がある。

そこに向き合うように道がひかれているように思う。

自分のからだを通じて実感している。


拒むという反応をした私の体の様々な部分がとてつもなく愛おしい。
頑なな想いという拒絶よ。
今まで格闘してきたことも受け入れたられるようになってきたプロセスも、、、すべてが愛おしい。
いつも道を照らすサインとなってくれてありがとう。
向かい合い、寄り添い、
少しずつじわりじわりと歩いていけることに、
祝福を感じ、幸せをかみしめてます。

P_20170701_220908_1.jpg

P_20170701_220908_1_1.jpg

posted by ちづこ at 01:16| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする